EDCバッグ アイテム

EVERGOODS Civic Panel Loader 24 (CPL24)【レビュー!】

バックパック選びは、どれも一長一短でなかなかこれが最高!と言い切れるのは少ないです。 でも、【EVERGOODS CIVIC PANEL LOADER 24】は、最高・大満足のバックパックです!撮影隊のプロの筆者が【CPL24】を実際に使ってわかったメリット、デメリット、使用感を忖度なしに徹底評価・レビューします!

リュックやバックパック選びは、どれも一長一短でなかなかこれが最高!と言い切れるのは少ないです。

そんな中、色々調べて新しく購入した【〼EVERGOODS CIVIC PANEL LOADER 24】、略して【CPL24】。

evergoods cpl24

この【EVERGOODS CPL24】、実際に使ってわかりましたが・・・

スタイリッシュなデザイン、24Lというちょうど良い容量と、使いやすい機能満載で痒いところに手が届く、実に最高のバックパックでした!

 

真冬のアイルランドや冬の雪山から真夏の沖縄まで、撮影隊のプロとして活躍する筆者が、アウトドア・旅行・日常使いに最適な【〼EVERGOODS CIVIC PANEL LOADER24】を、実際に使用する中で気付いたメリット・デメリット・使用感を忖度なしに徹底レビューします!

created by Rinker
¥34,100 (2024/07/16 10:15:20時点 楽天市場調べ-詳細)

本記事のリンクには広告がふくまれています。

〼EVERGOODSとは?

EVERGOODSの成り立ちとコンセプト・理念

「GORUCK(ミリタリー)・Patagonia(アウトドア)」出身の2人が、モンタナ州で立ち上げたブランド

都市とアウトドアの融合(クロスオーバー)を目指す

謎マスク
まだ創立してから、歴史の浅いブランドなんだね
「キックスターター」から初めて、より良い品質を追求して、どんどん製品をブラッシュアップしている注目のブランド!
ホッピ

都市とアウトドアの融合】は、今の時代に必要なドンピシャの要素ですね。

実際に、【〼EVERGOOS CPL24】は日常生活、アウトドア、旅行でも全てにおいて大活躍間違いなし!

そんな【EVERGOODS CPL24】の基本スペックは以下になります。

 

【〼CIVIC PANEL LOADER24】の基本情報

エバーグッズ、シビルパネルローダー24Lの基本スペック

名前:CIVIC PANEL LOADER24

ブランド:〼EVERGOODS

容量:24L

重量:1270g

寸法:H46cm×D19cm×W30cm

○素材

表生地:840d カスタム・バリスティック・ナイロン

裏地:420d HTナイロン

ジッパー:YKK DWR仕上げ#10RCと#8RC

ショルダーパッド:Zote EV50

フレームシート:HDPE

アルミサイドステー:7075グレード

価格:34100円(税込)

created by Rinker
¥34,100 (2024/07/16 10:15:20時点 楽天市場調べ-詳細)

【〼CIVIC PANEL LOADER 24】の3つの優れた点

evergoods CPL24の3つのすごいところ

①考え抜かれた設計で、とにかく使いやすい

②日常・アウトドアなど、どのシチュエーションにハマるデザイン

③新型バックパネルやショルダーストラップは背負って快適

謎マスク
使い勝手よし、デザインよし、背負ってよしって、リュックとしては最高の褒め言葉だね
実際に本当に素晴らしい製品だね【〼CPL24】は!
ホッピ

順番に説明していきます!

created by Rinker
¥34,100 (2024/07/16 10:15:20時点 楽天市場調べ-詳細)

 

①【〼CPL24】は計算された設計で、使いやすい

evergoods cpl4の使いやすい設計

考え抜かれた設計によって、ポケットなど全てが使いやすいデザイン・構造

謎マスク
リュックってだいたい似たような設計じゃない?
それもあるけど、【〼CPL24】はちょっと違う!
ホッピ

PCスリーブポケット、フロントポケットもジップの位置が左寄りになっています。

つまり、設計的にものを取り出すときに、左肩にリュックをかける人に、とても便利な構造になっています。

具体的には、以下のような感じです。

CPL24は横使いもしやすい

【EVERGOODS】公式HPより引用

ここまで横にしなくても、右肩から外して少し前にスライドするだけで、メインコンパートメントやフロントポケットに、簡単にアクセスできる【サイドアクセス設計

ユニークポイント

ものを取り出すときに、リュックを肩から外す必要がない

これが非常に便利

フロントポケットの中は、以下のような感じです。

CPL24のフロントポケットの構造

背負っている状態から、1番アクセスしやすいポケットなので、細く整理できるように「オーガナイザー」仕様になっています。

仕切りが細かく分かれていることで、縦使いでも横使いでも、中のものが動いてぐちゃぐちゃになることはありません。

実際に、使用している感じがこちら。

フロントポケットはすぐに取り出せると便利なものを入れる

会社の入構証、眼鏡(サングラス)、ペン、小銭入れ、手拭い、【EDCライト】など、すぐに取り出せると楽なものを入れてます。

薄手のポーチや【ポケットオーガナイザーなどを入れてもいいですね!

オススメのポケットオーガナイザーに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
リュックやバッグにもう少し細々した荷物を整理できるスペースが欲しいと思った時はありませんか?今回紹介するポケットオーガナイザーは、丈夫で収納力があって、いざという時は、そのままEDCポーチとして持ち歩ける、コンパクトな最強のオーガナイザーです。
【ベストEDC】1つあると超便利!オーガナイザーバッグ【TACTICAL GEEK】 

続きを見る

サイドにも、きちんと持てるようにハンドルが付いています。

CPL24は横持ちも可能

両面にあるわけではなくて、片面です。

この構造を見ても分かる通り

オススメポイント

【CPL24】は縦使いも、横使いもできる!

 

当然、バックパックなので縦使いが主になりますが、状況に応じて横にしても十分使える【サイドアクセス】構造になっているのがユニークです。

メインコンパートメントは、【クラムシェル型】なので、片掛けにしたままでもアクセスできます。

実際に片かけや、横にした状態でアクセスできるのは以下のエリア。

CPL24は片掛けで、ほぼ全てのエリアにアクセスできる

立ったままでも、片掛けにするだけで、ほとんど全てのエリアへアクセス可能。

これが【ハーフジップ】タイプだと、中の荷物を出す際も両肩から外さないといけないので、この設計はとても便利!

【クラムシェル型】はガバッとフルオープンで開くので、整理するときも、荷物を探すときも楽ですね。

cpl24のメインコンパートメントはクラムシェル型

クラムシェル

貝のようにパカッと全体が開く構造

ご覧のように、広げると中の状態が一目でわかります。

cpl 24の使い方

是非とも入れておきたいのが、日常や、非常用として、必要なものを全て入れておきたいEDCポーチ

オススメの【ベストEDCポーチ】は以下の記事で詳しく解説!

オススメ
ベストEDCポーチとして、最強の製品発見。その名は「MAXPEDITION EDC Pocket Organizer」。今まで色々なポーチを購入し、試してきた中で個人的ベスト。コンパクトなのに、圧倒的な収納力と、整理しやすい区切り、頑丈で丈夫な生地、と必要な要素が全て詰まっています。
【ベストEDC】MAXPEDITION EDC Pocket Organizer オススメポーチ!

続きを見る

他にも水筒や、折りたたみ傘はもちろん、ガンマLTなどのアウターなども余裕で収納できます。

軽量の【スリングバッグ】をセカンドバッグ的に持つと旅行でも超便利

bellroy lite slingは軽いのでリュックの中にもそのまま入れられる

【クラムシェル型】を使ってしまうと、便利さゆえに、なかなかハーフジップには戻れないです。

背中側は、上部がモール、下部は伸縮性のある生地で覆われたスリーブポケットになっています。

cpl24メインコンパートメントの背中側

ご覧のように上部のモールには、エスビナやカラビナ等で【ポケットオーガナイザー】やちょっとした小物も付けられます。

レザーマン・ナイフレス・リーバーはコンパクトなので収納力が高い

GORUCK GR2】のリュック上部にポーチがついたパターンがめちゃくちゃ使い勝手が良かったので、同じようにポケットオーガナイザーを付けています。

収納力も上がるし、整理もしやすいのでオススメを通り越して、絶対にやるべきカスタム

オススメの【ベストEDCポケットオーガナイザー】は以下の記事で詳しく解説してます。

あわせて読みたい
リュックやバッグにもう少し細々した荷物を整理できるスペースが欲しいと思った時はありませんか?今回紹介するポケットオーガナイザーは、丈夫で収納力があって、いざという時は、そのままEDCポーチとして持ち歩ける、コンパクトな最強のオーガナイザーです。
【ベストEDC】1つあると超便利!オーガナイザーバッグ【TACTICAL GEEK】 

続きを見る

下のスリーブも【吊り下げ型】の構造になっています。

メインコンパートメントの吊り下げ型の構造

 

オススメポイント

床に置いた状態で出し入れしても、直接床には当たらない

リュックを床に置くときも、直接当たらず、耐衝撃性に強い

衝撃に強いエリアなので、iPadなどのタブレットの収納にも最適

ここらへんの作り込みも、さすが【〼EVERGOODS】。抜かりなし!

もちろん、ファイル類や雑誌などを入れてもOKです。

反対側は以下のような感じです。

CPL24のメインコンパートメントの表側

ジッパー付きのポケットとメッシュポケット。

ジッパーはもちろん世界シェアNo.1で壊れにくい【YKK製】で、開閉がスムーズにできる取手付き。

cpl4 inside tag and zipper

何を入れようか迷いますね!

新しいリュックを買ったばかりの楽しい時間

続いては、ラップトップポケットを見てみましょう。

cpl24のラップトップスリーブ

赤いベルクロ内のポケットは、メインコンパートメントのスリーブと同じように、【吊り下げ式】の構造。

耐衝撃性に優れ、直接地面に当たることがないので、PCはもちろん、タブレット類も安心して収納できます。

手前のスペースは、マガジンやファイルなどを入れてもOK!

ラップトップスリーブ内の構造

一番背中側にこっそりと付いているジッパーを開けると、防爆用のHEPE(高濃度ポリエチレン)が入っているので、大事なPC類をがっちりと守ってくれます。

ここは普通に見つかりづらいポケットなので、

ポイント

「いざと言うときのお金」や、「見つかりたくないもの」などを隠しておくのもあり!

海外旅行では、現金を分散せておくのが重要になります。

今まで紹介してきたエリアだけでも、十分な収納力がありますが、【CPL24】にはあると便利な【トップポケット】も付いてます。

cpl24のトップポケット

【トップポケット】はキーフック付き。

鍵などを入れておいてもいいし、【EDCライト】【サングラス】【イヤポッド】などを入れておいてもいいですね!

もちろん、このトップポケットに【ポケットオーガナイザー】を入れておくのもあり!

created by Rinker
¥34,100 (2024/07/16 10:15:20時点 楽天市場調べ-詳細)

②【〼CPL24】はデザインが秀逸!

cpl24はデザインが秀逸

都市などのアーバンスタイルから、旅行・アウトドアまでぴたりとハマる、【スタイリッシュで洗練】されたデザイン

謎マスク
確かにパッと見他だけでも、格好良いデザインだってわかるね
本当そう思う!街でもアウトドアでもどちらにもハマる秀逸なデザイン!
ホッピ

【EVERGOODS CPL24】はデザインも最高

都会的なスタイリッシュさもありながら、アウトドア・旅行にもハマるデザイン。

質実剛健で、頑丈さと見た目の華やかさがある、表地シェルの【バリスティック・ナイロン

cpl24のバリスティックナイロン

バリスティック・ナイロン

アメリカの化学会社デュポン社が開発したナイロン。通常のナイロンの5倍の強度があると言われている繊維で、防弾チョッキに使われていることでも有名

新開発された【バックパネル】の素材も格好良い(詳細は後述)!

cpl24のチェストストラップ

シャリッとした独特の生地感・フォルムですね!

オリジナル感満載で見ているだけで、とても楽しい。

cpl24のYKK製のジッパーリュックのボディーに合わせて、黒光りするYKK製RCジッパーもすごく良い感じ!

RCジッパー

最も厳しい耐摩耗性などの性能要件を満たすために、精密に設計されジッパー

DWR加工済みの防水ジッパーで、水に強いのも安心です。

愛用バックパックの1つである【GORUCK GR2】とデザインを比べてみましょう!

cpl24とgr2のデザインの違い

【GR2】がミリタリー寄りのデザインに対して、【CPL24】はすごくスタイリッシュで都会的!

どちらも好きですが、アウトドア〜ビジネスまでの幅広い用途に合うのは【CPL24】ですね!

created by Rinker
¥34,100 (2024/07/16 10:15:20時点 楽天市場調べ-詳細)

 

③【〼CPL24】はとにかく快適!

cpl24が快適な理由

バックパネルの通気性と耐久性が向上し、肌や衣類を傷つけにくい生地に

人間工学に基づいた、流線型の優れたフィット感を実現する一体型ハーネス

「Zote EV50」ショルダーストラップ

謎マスク
前のモデルも人気あったけど、最近さらに改良されたんだっけ?
常により良い品質を求める【〼EVERGOODS】の努力の賜物だね!
ホッピ

【〼EVERGOODS】は大人気商品だった【CPL24】を、さらに3年の月日をかけて、通気性、耐久性、持続可能性を改良。

注意

どんなにデザインが優れてても、背面の通気性が悪かったり、背負い心地が悪いリュックはダメ

バックパックの一番大事な要素は、ハーネス構造、ショルダーストラップ、バックパネルによる、背負い心地の快適さだったりします。

その点、【CPL24】は全てをうまくまとめて、最高の出来上がりを見せてくれます。

cpl24のチェストストラップ

 

具体的には、クッションを「スペーサーメッシュ」にし「50dのモノフィラメント」を織り込むことで、風通しと耐久性の向上に成功、などありますが、細かい説明は置いといて。

まー、快適!!
ホッピ

個人的には、少しテカテカシャリシャリしたバックパネルが大好き!オリジナリティーの塊です。

ショルダーストラップにも、以下の高品質のパッドが入っています。

cpl24のショルダーパッドev50

ハーネス構造、ショルダーストラップ、背面パネルのおかげで、リュックが重くても、背負った時の重さはかなり軽減されます。

そして、当然、通気性も高い。

繰り返しますが、めちゃくちゃ快適です!

created by Rinker
¥34,100 (2024/07/16 10:15:20時点 楽天市場調べ-詳細)

【〼CPL24】の評判

 

やはり高評価が多いですね!

【〼EVERGOODS】は日本での知名度はそこまで高くなく、「知る人ぞ知る」ブランド。

円安の影響で値上げも予想されるので、買うなら今です!

created by Rinker
¥34,100 (2024/07/16 10:15:20時点 楽天市場調べ-詳細)

 

【〼CIVIC PANEL LOADER24】の3つの気になるポイント

evergoods civic panel loader24の3つの気になるポイント

「24L」と「28L」の大きさで迷う

トップポケットが少し使い辛い

取扱店舗が少なく、実物を見るのが難しい

謎マスク
やっぱり気になるポイントはあるんだね
そうだね、リュック自体の不満というより大きさとか選び方だけど!
ホッピ

 

①「24L」と「28L」のサイズ選びで迷う

 

【CPL24】は「24L」と「28L」の2サイズ展開のため、どちらにするかすごく迷いました。

ココで悩む

「28L」ならちょっとした旅行までカバーできるけど、日常使いでは少し大きい

「24L」なら日常使いでは十分だけど、旅行で使うには少し不安

大きさ比較は以下。

CIVIC PANEL LOADER 24LCIVIC PANEL LOADER 28L
H46cm×D19cm×W29cmH49cm× D20cm×W32cm

基本的には、高さと横幅が変わります。

個人的には高さが「49cm」になると、電車内で抱えるように持った際にとても使い辛い

横幅と奥行きで大きさが変わるなら、より迷ったと思いますが、結果的に、高さ問題と持ち物含めてなるべくコンパクトにしたい、最近の欲求に従い「24L」に!

旅行時にも使う予定ですが、その時はパッケージング頑張ります!

もちろん、大きいサイズの「28L」の方が合っているという人もいます。使用用途を考えてサイズを選びましょう!

 

②トップポケットのアクセス制限

トップポケットが「リュックを背負ったままでは」使い辛い

cpl24のトップポケット

一番背中側についているので、背負ってる状態や、肩掛けしてもアクセスしづらい

バックパックを下に下ろすなど、両肩から外さないと使えません

トップポケットがあるのはすごく嬉しい。

せっかくの【CPL24】の構造なので、サイドからもアクセスできれば、より最高でしたね。

created by Rinker
¥34,100 (2024/07/16 10:15:20時点 楽天市場調べ-詳細)

 

③取扱店舗が少ないため、実物を見るのが難しい

あとは、取扱店舗が少ないので、実物を見るのが難しいことです。

僕も最後まで実物を実際に見ることなく、買いました。

そんな方のためにも、画像付きで詳しくレビューした、この記事が役立てば幸いです!

実際の製品はどうかって?

今までレビューしてきた通り、最高に決まってるじゃないですか!

created by Rinker
¥34,100 (2024/07/16 10:15:20時点 楽天市場調べ-詳細)

【ベストEDC】EVERGOODS Civic Panel Loader 24【徹底レビュー!】まとめ

EVERGOODSの成り立ちとコンセプト・理念

「GORUCK(ミリタリー)・Patagonia(アウトドア)」出身の2人が、モンタナ州で立ち上げたブランド

都市とアウトドアの融合(クロスオーバー)を目指す

evergoods CPL24の3つのすごいところ

①考え抜かれた設計で、とにかく使いやすい

②日常・アウトドアなど、どのシチュエーションにハマるデザイン

③新型バックパネルやショルダーストラップは背負って快適

evergoods civic panel loader24の3つの気になるポイント

「24L」と「28L」の大きさで迷う

トップポケットが少し使い辛い

取扱店舗が少なく、実物を見るのが難しい

取扱が少なく、実物を見るのが難しい【〼EVERGOODS CPL24】ですが、機能・デザイン・使い勝手すべてが最高です!

「知る人ぞ知る」ブランドなので、街で被ることもなく、所有欲まで満たしてくれるバックパック。

買って後悔どころか、早く欲しかったーというのが正直な感想。

続々と海外ブランドの値上げも進んでいるので、【EVERGOODS】もこの先どうなるかわかりません。

買うなら今です。

気になった方は、日常からアウトドア、旅行まで使える、まさに相棒と呼べる【EVERGOODS】をぜひ!

created by Rinker
¥34,100 (2024/07/16 10:15:20時点 楽天市場調べ-詳細)
  • この記事を書いた人

ホッピ

副業ブロガー。人生の質の【1ランクUP】をモットーに、価値ある【情報】や【製品】をレビュー・発信するブログ。 撮影隊のプロとしての経験を活かして、実際に現場で使った【ギアやアイテム】を忖度なしに紹介。 【アイテムレビュー】などのご依頼は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。応援します。

-EDCバッグ, アイテム