アイテム

【ウィンターブーツの最高峰】真冬に最強のソレルのブーツを徹底レビュー!

【ウィンターブーツの最高峰】真冬に最強のソレルのブーツを徹底レビュー!

今回は真冬に最強のウィンター(スノー)ブーツと言っても過言ではない、【ソレルのカリブーブーツ】について徹底レビューします!

冬は寒いし、雪が振る日はスニーカーじゃ心許ないですね。

そんな時は、ウィンタースノーブーツの出番です!

この記事ではソレルのブーツのメリット、デメリットやサイズ感・製品選びまで詳しく解説します。

 

真冬のアイルランドや冬の雪山から真夏の沖縄まで、撮影隊のプロとして真冬にソレルのカリブーを実際に使用・経験した忖度なしの感想をお伝えします!

 

こんな方におすすめ

  • 冬に最強のウィンタースノーブーツを知りたい
  • 撮影隊のプロが実際に使ってわかったソレルのカリブーの感想を知りたい
  • ソレルのカリブーについて知りたい

 

ソレルのカリブーとは?

ソレル カリブー ブーツ

50年以上変わらないデザインを誇るソレルの代表作「カリブー」は、ウィンターブーツの名作として世界中で愛され続けている魅力がたくさんのブーツ

謎マスク
きちんと歴史と実績に裏付けされた素晴らしいブーツなんだね
そうだね、ウィンターブーツとして実績や機能面で最高峰にあるのは間違いないね!
ホッピ

 

極寒のカナダで誕生した1962年創業のSOREL(ソレル)。

 

レザーアッパー+ラバーボトム+着脱可能なフェルトライニング

 

という革新的なコンビネーションと機能性の高さで、冬の厳しい環境下でも耐えれるウィンターブーツの代名詞になります。

種類は3種類ほどあります。一覧にまとめたのが以下です。

※横スクロールできます

製品名カリブー WP

ソレルのカリブーWP

カリブーウール WP

ソレルのカリブーウールWP

1964パックナイロン

ソレルの1964パックナイロン

価格¥22000¥25300¥15400
特徴 

・ソレルを代表する1足

・防水ヌバックアッパーと防水シールにより、水の侵入をブロック

・雪に詰まりを防ぐバルブソールが雪道での歩行をサポート

 

・保温性と吸湿性を備えたウール仕様のインナーブーツ。

・防水フルグレインアッパー

・雪に詰まりを防ぐバルブソールが雪道での歩行をサポート

 

・水や風の侵入を防ぐナイロンアッパーでソフトなフィット感や軽量感。

・ナイロンのカジュアルな雰囲気がタウンユースにもマッチ

・グリップ力の高いヘリンボーンラバーソール

使用限界温度-40度-40度-40度
重量901g974g714g
オススメ度

 

 

ソレルのカリブーが最強な3つの理由

ソレルのカリブーが最強な3つの理由

[-40度]まで耐えうる抜群の保温性

雨、雪、吹雪をものともしない耐候性と頑丈さ

抜群のグリップ力で悪路、雪道にも強い

謎マスク
ウィンターブーツに欲しい機能が全部ついてるって感じ?
そうだね!しかも他製品の追随を許さない抜群の強度でね!
ホッピ

1つづつ説明します!

 

抜群の保温力を持つ

ソレルのカリブーブーツ

使用限界温度が「-40度」までという高い保温性が、極寒の地で足を守る

謎マスク
「-40度」ってすごいね
実際にソレルの公式でもきちんと発表してる数字だから信頼できるね!
ホッピ

 

ソレルではカリブー以外に使用限界温度「-73.3度」という「グレイシャーXT」というモデルがあります。

ソレルのグレシャーXT

出典:SOREL公式サイト

 

こちらのモデルは南極など本当の極地用です。

ただ、日常で履くとなるといささかオーバースペックのため、極寒の地で生活する必要のない人はカリブーで十分です。

 

カリブーは「-40度」まで耐えられながら、履き心地もよくファッション性も高いので、雪国はもちろん、寒い地域の街着としても大活躍してくれます!

 

 

抜群の耐候性と頑丈さ

 

ソレルカリブーの頑丈さ

ラバーソールで雨、雪の侵入を完全に阻止する対天候性の高さ

アッパーのレザー(やナイロン)も丈夫なため抜群の頑丈さを誇る

謎マスク
確かにソレルのカリブーって見た目からして頑丈そうだもんね
見た目通り、本当頑強で最強のウィンターブーツだね
ホッピ

 

防水設計により、大雪や雪の中だろうと雨だろうと、水を跳ね返す機能の高さと防寒性。

雪や雨対応では長靴という選択もありますが、カリブーは長靴の防水機能に加えて保温性も抜群。

僕はもう8年以上真冬になると履いていますが、ソールの減りも少なくいまだに現役で活躍中。

ただでさえ頑丈なのに、履く時期が厳冬期が多いため、着用回数が少ないのも長持ちする理由の1つであり、長い期間履けることを考えればコスパも最強。

 

ソレルのカリブーは靴箱に1足あれば、長いこと使える「お守り」みたいな最強のウィンターブーツです。

 

 

悪路をもろともしない抜群のグリップ力

ソレルのカリブーはグリップ力抜群

冬場のアウトドアシーン向けに作られているため、グリップ力が強く雪でも滑りにくい

謎マスク
グリップ力は大事だよね、特に雪だと滑って怪我することもあるから
保温性ばかりに目が行きがちだけど、グリップ力は本当大事!
ホッピ

 

アウトドアや冬のアクティビティーに必要な、ウィンタースノーブーツの機能はこちら。

 

動かずにじっとしていても寒くならない保温性

活動時にも快適に動けるグリップ力が強く滑りづらいソール

 

雪山でも氷上でも滑りにくいソールを持つソレルのカリブー。

実際に雪山のロケでも履きましたが、ソレルのカリブーには、他のブーツには変えられない安心感がありました

ソレルを履いてだめなら、もう何を履いても無理だっていう。

これ以上、冬に適したブーツを僕は知りません。

 

ただ暖かいだけの靴なら他にもありますが、ソレルのカリブーは耐候性、保温性、グリップ力という冬のアウトドアやアクティビティーに欲しい機能を全て備えています!

 

 

ソレルのカリブーのデメリット

ソレルのカリブーのデメリット

見た目がゴツくてマッチョ

機能性の高さが日常や地域によってはオーバースペックに

冬しか履けない

謎マスク
確かにゴツく見えたり、機能が高過ぎるからメリットがデメリットになるの?
そうだね、人によっては全く必要がないブーツにはなるね。
ホッピ

 

最強のウィンターブーツと言えるソレルのカリブーの唯一のデメリットは、メリットがデメリットになること。

ただ、メリットがデメリットになるなら、デメリットはそのままメリットになります。

 

ソレルのカリブーはデメリットがメリットに!

やっぱり頑丈

機能性がめちゃくちゃ高い

長きにわたって使えるコスパの良さ

謎マスク
確かにそう考えると面白いブーツだね、ソレルは
つまり、それだけの魅力が詰まったブーツってことだね!
ホッピ

 

 

ソレルのカリブーの種類とサイズ感

ソレルのカリブーと言っても3種類あります。

代表的なアッパーがレザー仕様の「カリブーWP」

 

インナーのフェルトがウール仕様になった「カリブーウールWP」

 

値段が少し安くなり、扱いやすいナイロン仕様の「1964パックナイロン」

 

それぞれの違いを一覧にまとめます!

※横スクロールできます

製品名カリブー WP

ソレルのカリブーWP

カリブーウール WP

ソレルのカリブーウールWP

1964パックナイロン

ソレルの1964パックナイロン

価格¥22000¥25300¥15400
特徴 

・ソレルを代表する1足

・防水ヌバックアッパーと防水シールにより、水の侵入をブロック

・雪に詰まりを防ぐバルブソールが雪道での歩行をサポート

 

・保温性と吸湿性を備えたウール仕様のインナーブーツ。

・防水フルグレインアッパー

・雪に詰まりを防ぐバルブソールが雪道での歩行をサポート

 

・水や風の侵入を防ぐナイロンアッパーでソフトなフィット感や軽量感。

・ナイロンのカジュアルな雰囲気がタウンユースにもマッチ

・グリップ力の高いヘリンボーンラバーソール

使用限界温度-40度-40度-40度
重量901g974g714g
オススメ度

 

ソレルのカリブーであれば、レザーやナイロン、ウールともにどれを選んでも正解です!

選ぶポイントは以下。

冬のウィンターブーツを代表する一足が欲しい▶︎【カリブーWP

とにかく保温性が欲しい▶︎【カリブーウールWP

軽量で扱いやすく、街でも履きたい▶︎【1964パックナイロンWP

 

冬のウィンターブーツに必要な機能に大きな変わりはないので、好みや値段、用途で選んでOK。

ちなみに僕はナイロンの「1964パックナイロンWP」を選びましたが、厳冬期の冬山でも問題なく過ごせました。

 

ソレルのカリブーのサイズ感

ソレルのカリブーブーツのフェルト

サイズ感は普通のスニーカーなどと同じでジャストになります

謎マスク
見た目から少し大きい感じがしたけど
サイズ感は同じだね、ただ履く靴下によって少し変わるね!
ホッピ

 

ソレルのカリブーは、フェルトのインナーブーツがあるため、通常のサイズ選びだと最初は少しキツく感じることもありますが、履いていくうちに馴染んできます。

ただ、厳冬期に使用することを考えると、靴下も厚手のものになるので通常のサイズでも大丈夫ですが、ハーフサイズほどアップするのもあり

冬のウィンターブーツとセットで揃えたいオススメのメリノウール靴下については以下の記事が参考になります。

 

\メリノウール界の靴下革命/

 

ちなみに僕は、普段のスニーカーと同じサイズにしましたが、サイズ感もばっちりで履き心地も快適です。

 

【最高峰のウィンターブーツ】真冬に最強のソレルのカリブーブーツを徹底レビュー!まとめ

ソレルのカリブーが最強な3つの理由

[-40度]まで耐えうる抜群の保温性

雨、雪、吹雪をものともしない耐候性と頑丈さ

抜群のグリップ力で悪路、雪道にも強い

 

ソレルのカリブーの製品比較

※横スクロールできます

製品名カリブー WP

ソレルのカリブーWP

カリブーウール WP

ソレルのカリブーウールWP

1964パックナイロン

ソレルの1964パックナイロン

価格¥22000¥25300¥15400
特徴 

・ソレルを代表する1足

・防水ヌバックアッパーと防水シールにより、水の侵入をブロック

・雪に詰まりを防ぐバルブソールが雪道での歩行をサポート

 

・保温性と吸湿性を備えたウール仕様のインナーブーツ。

・防水フルグレインアッパー

・雪に詰まりを防ぐバルブソールが雪道での歩行をサポート

 

・水や風の侵入を防ぐナイロンアッパーでソフトなフィット感や軽量感。

・ナイロンのカジュアルな雰囲気がタウンユースにもマッチ

・グリップ力の高いヘリンボーンラバーソール

使用限界温度-40度-40度-40度
重量901g974g714g
オススメ度

 

ソレルを代表する一足が欲しい▶︎【カリブーWP

とにかく保温性が欲しい▶︎【カリブーウールWP

軽量で扱いやすく、街でも履きたい▶︎【1964パックナイロンWP

 

どれを選んでも正解で後悔はしません!
ホッピ

雪国生活、冬の雪山ロケやアウトドアから街着まで、幅広く使える圧倒的にオススメできる冬に最強のソレルのブーツです。

厳冬期にや大雪のときに、ソレルが家に一足ある安心感を是非とも味わってください!

 

以下の記事ではオススメのウィンターブーツを紹介しています!

 

冬にオススメの最強ミドルレイヤーに関しては以下の記事で解説してます。

\ もう迷わない! /

 

冬を快適に過ごすための、服のレイヤリングシステムと各種オススメ製品はこちら。

\ 知らないと損!

  • この記事を書いた人

ホッピ

生活・健康などを含めた人生の質の【1ランクUP】をモットーに、それを可能にするための【情報】を発信するブログ。また、撮影隊のプロとしての経験を活かして実際に使える「ギアやアイテム」を紹介。収入毎月4桁超え、月間20000PV達成中のブログ界の成長株。伸び盛りの旬な情報を投稿。ブログ好き。

-アイテム