アイテム

【真冬&春秋にも最適】パタゴニアのレトロXフリースベストを【徹底レビュー!】

【真冬&春秋にも最適】パタゴニアのレトロXフリースベストを【徹底レビュー!】

パタゴニアの【クラシック・レトロX・ベスト】は、ここ数年とても人気で街で着ている人を見かけることが多くなりました。

ただ、レトロX・ベストは「ファッション性以外にも良いところはある?」って疑問に思う人もいると思います。

そこで今記事では【クラシック・レトロX・ベスト】について以下の点について徹底解説!

 

パタゴニアのレトロXベストの機能性の高さ

レトロXベストを最も上手に着る方法

サイズ感や使用感

価格と品質が見合うか?

 

 

真冬のアイルランドや冬の雪山から真夏の沖縄まで、撮影隊のプロとして実際に着用していて、最高4着持っていた筆者が、【パタゴニアのレトロXベスト】のメリット・デメリット・使用感を忖度なしに徹底レビューします!

 

パタゴニアのレトXベスト

今持っているのはこの2着!

パタゴニアの【レトロXベスト】について知りたい方は、この記事を読めば全てがわかります。

結論としは、【買って後悔なし!】です。

パタゴニアのレトロXベストが最強な3つの理由

パタゴニアのクラシック・レトロX・ベストが最強な3つの理由

保温性・防風性・吸湿性など高い機能性

動きやすく、気軽に洗えて扱いやすく、長いシーズン着れるコスパの良さ

デザイン性も高く、1着あると何かと重宝するファッション性の高さ

謎マスク
デザイン・機能性が高く扱いやすいってことでOK?
そうだね、まさに万人にオススメできるアイテム!
ホッピ

 

理由を順番に説明します!

 

①クラシック・レトロX・ベストは機能性が高い

 

パタゴニアのレトロxベストは保温性も高い

肉厚のフリース素材で保温性が高い

防風性・透湿発散性も高い

謎マスク
見た感じもモコモコしてて暖かそうだね
そうだね、他製品のフリースベストと比べても保温性は高い方だね!
ホッピ

 

クラシック・レトロXベストのフリース素材

6mm厚のポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル50%)のボンデット・シェルパ・フリース

 

パタゴニアのレトロベストは首元までしっかり閉まり暖かい

首元までしっかり閉まるので、保温性もよりアップ!

フリース素材に加えて、裏地には防風性に優れた防風メンブレンという素材が使われています。

パタゴニア・クラシック・レトロXベストはフリースと防風メンブレンで保温性が高い

表地のフリースの保温性と裏地の防風メンブレンの防風性で保温性UP!

 

防風性メンブレン

防風性バリヤーと吸湿発散性を備えたポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル50%)のワープ・ニット・メッシュ

 

春秋にはTシャツやロンTの上に着るとちょうど良く、冬はミドルレイヤーとしても活躍!

ダウンベストと比べると保温性は落ちますが、長いシーズン着ることができるのでお得感も満載。

パタゴニアのレトロXベストが役立つ時期

9月中旬から5月

寒い冬をぬくぬくと快適に過ごすために、インナーをメリノウールにすると最高です。

以下の記事でインナーやベースレイヤーに最高のメリノウール製品を徹底解説してます!

 

\ 2021年最高のメリノウール製品 /

 

 

②クラシック・レトロX・ベストの利便性

パタゴニアのレトロX・ベストは気軽に洗えて利便性も抜群

気軽に家で洗濯できる

春先から真冬まで長いシーズン着ることができる

腕が自由になるために動きやすい

謎マスク
気軽に洗濯できて、長いシーズン使えて動きやすいってのはいいね
着るのに気を遣うモノだとだんだん着なくなるからね
ホッピ

 

パタゴニアの【クラシック・レトロX・ベスト】はフリース素材のため、家でも気軽に洗濯OK!

一応パタゴニア公式の見解では、フリース製品の洗濯に関しては以下のようになっています。

 

同じ色の衣類と一緒に洗う

アイロンはかけない

 

ただ、今まで何年も使用して洗濯して思うのは、普通に洗っても何の問題もないです。

ダウンベストになると家で普通に洗うのは躊躇しますが、フリースなら問題なし。

 

ダウンと化繊の比較

この「気軽に洗濯できるか」問題は普段よく使う衣類においてはとても大きいですね!

また、【レトロX・ベスト】はこんな良いところも。

 

夏以外の季節は全シーズン着ることができます汎用性の高さ!

 

せっかくの素晴らしい商品なので、できれば長い期間着たいですよね?

【レトロX・ベスト】ならそれが可能です!

また、ベストは冷えを一番感じる「胴体」のみを暖かくしてくれます

そのため、腕はフリー状態になるのでとても動きやすい

腕を挙げたときに、上げずらかったり、引っ掛かるようなことも一切ないのも最高なポイントの1つです。

実際にロケなどの撮影隊でも、ベストの人気はとても高い!

 

みんな撮影のためにけっこう動くので、スムーズに動けることを考えると、ベストを着るのがベストな選択肢の1つになるのです。

もちろん、アウトドアやアクティビティーにも最適だし、子供と公園で遊ぶときも快適!

野外でたくさん動いて汚れても、家に帰って気軽に洗濯できる。

これほど便利なギアーはありませんね!

③クラシック・レトロX・ベストはファッション性が高い

パタゴニアのレトXベストはファッション性も高い

デザイン性が高く格好良い

発色が綺麗で、色々なパターンから選べる

着るだけでサマになる

謎マスク
機能性の高さ以外に、やっぱりファッション性も欲しくなるよね
そうそう、【レトロX・ベスト】は機能とファッション性の高さがウリだからその点はお任せあれ!
ホッピ

 

クラシック・レトロX・ベスト】はただ着るだけで普通に格好良いです。

パタゴニアのレトロxベストは保温性も高い

 

一見シンプルに見えるデザインでも細く見ていくと・・・

 

パタゴニアのレトロX・ベストはデザインも秀逸

秀逸な素材の切り替え

全ポケットにファスナー付き

絶妙なパイピング

レトロX・ベストの背面

思いっきりシンプルに見える背面も

クラシック・レトロX・ベストの背面のデザイン

絶妙な縫製デザイン。

【クラシック・レトロX・ベスト】のデザインは一見シンプルに見えながらも凝りに凝ってます。

発色が良いのもいいですね!

カラーバリエーションも豊富なので、自分の好きなカラーリングを選べます!

 

そして、流石のパタゴニア製品。アウトドアやアクティビティーにもばっちり対応

多くのユニ○ロのアウトドア向けの製品が、パタゴニアをパクる参考にしているのもうなずけますね。

もはや普遍的にして、最高のデザインの源がこの「クラシック・レトロX・ベスト」なのです。

 

レトロxベストを最も上手に着る方法

春秋:ちょっとしたアウター代わりに、TシャツやロンTの上に

秋冬:ミドルレイヤーとして使用

謎マスク
確かにベストなら涼しい時期は羽織りものとして、寒くなってきたら中にも着れるね
そう、まさに1着あるととても重宝するのがベストだね!
ホッピ

 

春秋なら、TシャツやロンTに合わせるだけで快適な上に、お洒落な感じに見えるのがこの【レトロX・ベスト】のすごいところ!

ちなみに、街着以外にアウトドアやアクティビティーが目的ならTシャツやロンTはメリノウールにしたいところですね。

オススメのメリノウール製品は以下の記事で徹底解説!

 

【2021年秋冬】最高のメリノウール製品オススメ5選【アイスブレーカー】

\ 2021年最高のメリノウール製品 /

 

【2021年最新版】オススメのメリノウール Tシャツ3選【最高の素材】

\ アウトドアや登山・アクティビティーはメリノウールで決まり!/

 

そして、もちろん寒い冬はミドルレイヤーとして着るのがベスト!

個人的には春秋と同じようにロンTの上に着て、アウターを羽織るくらいで都内での普通の生活くらいなら余裕です。

アウトドアやロケで1日中外にいる場合や、寒い地域に行ったりする場合は以下の組み合わせが最強!

 

インナー(ベースレイヤー):メリノウールのロンT

ミドルレイヤー:【レトロXベスト】+フリースか【アトムAR

アウター:ダウンかハードシェル

 

冬にオススメの最強ミドルレイヤーに関しては以下の記事で解説してます。

\ 知らないと損 /

 

女性はパーカーの上に羽織る感じも人気がありますね!

ベストは色々な着方ができるので、ワードローブに1着あるとすごく重宝します。

では、「どのベストが一番オススメ?」と聞かれたら、間違いなく「パタゴニアのクラシック・レトロX・ベスト」です!

 

レトロxベストのサイズ感や使用感

基本的には、通常のサイズより1サイズダウン

謎マスク
なんで1サイズ下げた方がいいの?
パタゴニアは海外規格だから、日本でのサイズと同じだと少し大きいから1サイズ下げた方が快適に着れる!
ホッピ

僕自身は、日本製の製品だと通常は「Mサイズ」を選びますが、パタゴニアは「Sサイズ」でジャスト。

パーカーなどの上に着るのが目的だったり、少しオーバーサイズ気味で着たいなら、通常のサイズ選びで大丈夫です。

ただ、ベストはある程度ジャストサイズを選んだ方が、体に密着して保温性などの効果が高いのと、動きを妨げないので着やすいですね!

 

クラシック・レトロX・ベストの3つのデメリット

クラシック・レトロXベストの3つのデメリット

定価が21,780円とベストにしては高い

長袖に比べて保温性は劣る

人気があるため人と被る

謎マスク
確かにフリースベストにしては少し高いし、保温性は長袖に比べるとないね
そうだね、ただ【レトロXベスト】はベストの完成形とも言えるから、実際はデメリットを補うだけのメリットが多い!
ホッピ

順番に説明します!

 

デメリット①レトロX・ベストの定価は21,780円

正直ベストにしては、少し高いと思う価格です。

パタゴニアのフリースベストで一般的なものが【シンチラ・ベスト】です。

こちらは定価が11,000円

 

謎マスク
【レトロX・ベスト】は一般的なフリースベストの約2倍の値段がするのね
そうだね、機能やデザイン面が大きく違うからね
ホッピ

 

個人的な感想はこちら。

シンチラ・ベスト:何か普通だなぁ・・・

レトロX・ベスト:かっこいい!

 

【レトロX・ベスト】は値段はそこそこしますが、やはり「格好いい!!」が何より勝ちます。

ベストの最高峰であり完成形なので、この価格はしょうがないなというより納得!

あとは、リセールバリューがあるのもいいですね!

もし持っているものに飽きても、メルカリやヤフオクなどでそこそこの値段で売ることができます。

人気の色などはプレミア化するので、ものによっては買値より高く売れることもあります。

そう考えると、そんなに高い値段ではないですね!

 

デメリット②長袖に比べると保温性が劣る

【レトロX・ベスト】に限らず、ベスト製品全般に言えることですが、長袖に比べて保温性は劣ります

謎マスク
ベストは腕の部分がないから当たり前だけどね
その分、動きやすさやスタイリッシュさがあるね!
ホッピ

 

ベストの良さをまとめると以下になります。

動きやすい

重ね着(レイヤリング)しやすい

ファッションのアクセントになる

 

保温性だけを考えれば、長袖の方が高いですが、ベストにはベストの良さがあります。

色々な使い方ができるので、一着あると重宝するのは間違いないですね!

 

 

デメリット③人気があるため他人とかぶる

フリースベストの最高峰にして1つの完成形と言えば、「クラシック・レトロX・ベスト」。

そのため、人気もあるのでそうしても他の人とかぶることがあります。

 

謎マスク
ファッション系やアウトドアの雑誌にもよく載ってるしね
それだけ評価が高いってことだね!
ホッピ

 

記事の途中でも紹介しましたが、【レトロX・ベスト】はカラーバリエーションが豊富です。

そのため、製品自体が被っても色が丸かぶりというのは意外に少ない

それどころか、ファッションやアウトドア感度の高い人が選ぶベストなので、「このベストいいですよね!」って会話が弾むかもしれません!

 

【真冬&春秋にも最適】パタゴニアのレトロXフリースベストを【徹底レビュー!】まとめ

パタゴニアのクラシック・レトロX・ベストが最強な3つの理由

保温性・防風性・吸湿性など高い機能性

動きやすく、気軽に洗えて扱いやすく、長いシーズン着れるコスパの良さ

デザイン性も高く、1着あると何かと重宝するファッション性の高さ

 

クラシック・レトロXベストの3つのデメリット

定価が21,780円とベストにしては高い

長袖に比べて保温性は劣る

人気があるため人と被る

謎マスク
メリット、デメリットを説明したけど、結局のところズバリこのベストは?
間違いなく買って損はしない!
ホッピ

 

僕自身最高4着持っていて、今も2着ほぼ毎日のように着ています。

 

【クラシック・レトロX・ベストは】「買って損はしない」ではなく、1着買うと他の色でもう1着欲しくなるベスト!

 

ファッション性も高く日常着としてはもちろん、ロケなどの野外活動やアウトドアの最高のお供になります。

人気もあるため、カラーによっては売り切れることも多いです。

好きは配色があれば、早めに買うことをオススメします!

 

 

春秋に合わせて着たいソフトシェルの決定版はこちら。

\ 最強のソフトシェル /

  • この記事を書いた人

ホッピ

生活・健康などを含めた人生の質の【1ランクUP】をモットーに、それを可能にするための【情報】を発信するブログ。また、撮影隊のプロとしての経験を活かして実際に使える「ギアやアイテム」を紹介。収入毎月4桁超え、月間20000PV達成中のブログ界の成長株。伸び盛りの旬な情報を投稿。ブログ好き。

-アイテム